HOME > ブログ > wordpress > ロリポップからエックスサーバーへサーバーお引っ越し【WordPress】

ロリポップからエックスサーバーへサーバーお引っ越し【WordPress】

2014.03.03 カテゴリ:wordpress

こんにちは!女性・子供向けホームページ制作のフリーランスWEBデザイナー、今村です!今回は珍しく長い記事になります(^^ゞ
WordPressサイトを、ロリポップからエックスサーバーへサーバーお引っ越しをした時の忘備録です♪

今まで自分のサイトにはロリポップを使用してました。WEBの勉強を始めた当初に使い始めたんですよね〜。やはりお手軽やったので(´∀`)

しかし!!ロリポップのサーバーで管理する件が増えたり、セキュリティ面や表示速度の件なんかで最近お引っ越しを考えてはいたのですが。なかなか時間も取れず実行できずでしたorz

以前にVPSの勉強会に行ったときに、頭パンクさせながらエラー音を連発させてた奴ですが(´∀`)ウフフフフ
レンタルサーバーのお引っ越しはできるんです!!!w

今回はお引っ越しの簡単な内容と失敗段を少々。

今回やること

今回のサーバーのお引っ越しの内容です。

  • ・サーバーをロリポップ→エックスサーバーに引っ越し
  • ・ドメインは今回はムームードメインのままで。(多分後日変更予定?)
  • ・ロリポップで運営してるWordpressのサイトをそのままごっそりと引っ越し

レンタルサーバーで、今よりもセキュリティが安心できて電話での問い合わせができるサーバーにしたくて、なおかつ予算で決めました(^^ゞ
電話問い合わせがあるというのは、かなり自分としては重要ポイントでした(・∀・)自分でサーバーの詳しいことはわからなので、いざ大きなトラブルに遭ったときに、すぐに問い合わせができるというのは安心!!です(´∀`)

お仕事で使っているので安心感もありました♪

参考にさせていただいた記事

どの記事も、作業の流れを細かく画像付きで説明してくれているので この記事のおかげで素早く無事に引っ越しができました・・・(・_・;)感謝感謝!!

作業全体の流れ

わたしはロリポップサーバーで複数のサイトを管理していたので、②〜⑪を繰り返しました。各サイトで戸惑った点が違ったのでそれも含めて後述します(・_・;)

①まずはエックスサーバーの契約。

今回はX10のプランにしました。プランの変更は後々でも大丈夫やし、今までがロリポップのチカッパプランやったので X10ですでにだいぶグレードアップです(^^ゞ
バックアップも自動でしてくれるという機能付き。うん、比べるとすごく良さがわかります(´∀`)

最初は10日間の無料期間があるので、登録は簡単。

②エックスサーバーでドメイン設定&③エックスサーバーにWordPressをインストール

ロリポップからエックスサーバーへのサーバーお引っ越し エックスサーバーコントロールパネル

登録したエックスサーバーの『サーバーパネル』にログインします。図のようにわかりやすいコントロールパネルなので、これは問題ないですね。

ロリポップからエックスサーバーへのサーバーお引っ越し

WordPressをインストールした時にMySQLのパスワード等が表示されるので、これをメモ帳等で全部保存しておくとこの後の作業で楽ですね〜。

④PHPバージョンを合わせる

ロリポップからエックスサーバーへのサーバーお引っ越し

ここ失敗したポイントでした(ノД`)シクシク

PHPのバージョンが合っていないと文字化けします・・・・。ロリポップ側で現在のバージョンを確認して、エックスサーバー側も同じバージョンを選んでポチッとクリックして設定するだけです。
にも関わらず、ある1つのサイトの作業の時にこの作業を忘れていて、文字化けした怪しい画面に焦ってました・・・。他のサイトが既にバージョンを合わせていたので、完全なケアレスミスです。反省(´;ω;`) みなさんも、うっかりミスにお気をつけクダサイ。

WordPressのバージョンも合わせましょ

エックスサーバーでWordpressをインストールすると、やはり最新の状態でインストールされますよね。
そこでもしロリポップ側のWordpressが前のバージョンから更新していないままに丸ごとの引っ越しをすると不具合がでてしまうので注意!試しにしてみたのですが、わたしは画面が真っ白になりました・・・

⑤ロリポップのサーバーで運用中のサイトのプラグインを確認

今回、プラグインも全てお引っ越しさせる予定だったので、この手順がとっても大事でした。

WP Super Cacheなどのキャッシュ系のプラグインは削除しておかないと、引っ越し後にエラーメッセージが出たり404エラーになったりします。あと今回データベースのバックアップに入れていたWP-DBManagerもエラーになりました・・・。ロリポップのサーバーにバックアップするように設定してたせいですかね。

『プラグインは引っ越ししてから全部インストールし直すぜ!』という場合は関係ありませんが、今回のようにプラグインも引っ越しするなら削除しおきましょう♪

⑥ロリポップでデータベースをエクスポート&
⑦ロリポップサーバーにあるファイルをダウンロード

ロリポップからエックスサーバーへのサーバーお引っ越し

さあ来ました!データベース!ちょっと構えがちな感じですが、作業はいたって簡単。まずロリポップのコントロールパネルで『WEBツール』メニューの『データベース』から必要なデータベースの操作ボタンをクリックして、phpMyAdminにログインします。この時にユーザー名とパスワードが必要なので確認しておきましょう!

もし『このサイトにどのデータベースを使っているかわからなくなった・・・・』という場合は、サーバーにアップされているwp-config.phpの中に

/** WordPress のデータベース名 */
//define('WP_CACHE', true); //Added by WP-Cache Manager
define('DB_NAME', '○○○○○○○○○○○○');
という記述があると思うので確認してみてください。○○○○○○○○○○○○の部分にデータベース名が入ってます(・∀・)

phpMyAdminにログインしたら、操作したいデータベースを選択して、『エクスポート』のタブをクリック。

ロリポップからエックスサーバーへのサーバーお引っ越し

エクスポート方法は『詳細』を選択して、テーブルで『wp_options』を除外します。
これはエックスサーバーにWordpressをインストールすると、サーバー独自の設定が入っているwp_optionsがあるので ロリポップの設定情報が入ったこのファイルがあるとおかしくなるからだそうです。

あとは画面下のほうの『生成オプション』の『追加コマンド』で、『DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT コマンドの追加』にチェックを入れたら、『実行する』でOK!ほら、簡単!!(´∀`)

サーバーにあるファイルのダウンロードはFTPで

お使いのFTPで、ロリポップにアップロードしているファイルをダウンロードします。今回は丸ごと引っ越しなので、わたしはもう全ファイルダウンロードしました(^^ゞバックアップがわりです。

⑧エックスサーバーにデータベースをインポート&
⑨エックスサーバーにロリポップからダウンロードしたファイルをアップロード

ロリポップからエックスサーバーへのサーバーお引っ越し

はい!エックスサーバー側の作業に入ります。エックスサーバーのコントロールパネルからphpmyadmin(MySQL5)をクリックしてphpMyAdminにログインします。
ここで③でWordpressをインストールした時に表示されたMySQLのパスワードなどの情報を入力してログインします。

wp_options以外のデータベーステーブルを削除

WordPressサイトのロリポップからエックスサーバーへのサーバーお引っ越し

管理画面の左のinformation_schemaじゃない、今回必要なデータベスを選択します。
先述した通り、wp_optionsはエックスサーバー独自の設定が入っているのでそのまま使います。他のデータはロリポップにあったものを使うので すでにあるwp_options以外のファイルは削除します。

データベースのインポート

ロリポップからエックスサーバーへのサーバーお引っ越し

『インポート』のタブをクリック。
ここで『インポートするファイル』に、⑥でロリポップからエクスポートしたデータファイルを選択して実行します。インポートはこれだけでOK!

エックスサーバーに、ロリポップからダウンロードしたWordPressファイルをアップロードする

これもお使いのFTPでアップロードするだけです。

今回はプラグインなど全ての引っ越しなので、wp-config.phpと.htaccess以外全てロリポップのものをそのままアップロードしました。
wp-config.phpと.htaccessはエックスサーバーの設定が記述されているので、上書きせずにそのまま使用しました。

ここもうっかりミス注意(ノД`)シクシク

一度ここでwp-config.phpもロリポップのものをそのままアップロードしてしまっていたらしく、その後何をしてもエラー画面が出ましたΣ(゚д゚ )しかもそれに気づかず・・・・orz
wp-config.phpにはMySQLデータベースの情報が入っているので、ここは必ずエックスサーバーのMySQL情報に変更しないといけません!

wp-config.phpの中に

/** WordPress のデータベース名 */
define('DB_NAME', '○○○○○○○○○○○○');

/** MySQL のユーザー名 */
define('DB_USER', '○○○○○○○○○○○○');

/** MySQL のパスワード */
define('DB_PASSWORD', '○○○○○○○○○○○○');

/** MySQL のホスト名 (ほとんどの場合変更する必要はありません。) */
define('DB_HOST', '○○○○○○○○○○○○');
という部分があるので、上記の○○○○○○○○○○○○の部分をエックスサーバーの情報に変更したらOKです。

⑩動作確認URLで動作確認&XserverのWordPress管理画面から各種設定を確認

はい。ここまできたらもう少し!!!最終チェックに入ります。エックスサーバーにはサイトのネームサーバーを変更する(引っ越しを完了させる)前に、ホームページの表示やプログラムの動作を確認するために、『動作確認用』のURLを発行できます。

ロリポップからエックスサーバーへのサーバーお引っ越し

コントロールパネルの『動作確認URL』から簡単に発行できます。発行してすぐにはURLが反映されない場合もあるので、その時はしばらくしてからアクセスすれば大丈夫です。

動作確認用に一時的にURLを書き換える

確認をするときに、動作確認用URL/wp-adminで管理画面に入ろうとしてもそのままじゃロリポップのサーバーの管理画面に入ってしまうので確認ができません(・_・;)
そのためにphpmyadmin(MySQL5)にログインして作業します。

ロリポップからエックスサーバーへのサーバーお引っ越し

phpMyAdmiの管理画面でwp_optionsテーブルの「表示」ボタンをクリックします。

ロリポップからエックスサーバーへのサーバーお引っ越し

テーブルの内容が並んでますが、『siteurl』がサイトのドメインですね。ここを変更したいので『編集』ボタンをクリック。

ロリポップからエックスサーバーへのサーバーお引っ越し

ここで先ほど設定した動作用URLを入力して『実行する』でアドレスの変更は終了!簡単!(´∀`)これで動作確認の状態で管理画面に入れますね!

エックスサーバー側のWordpressサイトの最終チェック

プラグインの状態や設定、メディアのアップロードサイズ、パーマリンクなどなど全部確認します。
ロリポップ側のサイトの管理画面も開けておいて、同じ状態になるように確認しながら作業するのがいいですね(・∀・)

全ページを確認して問題が無ければアドレスを戻す

チェックが終われば先ほどの手順と同じようにして、動作確認用URLから本来のURLに変更します。

⑪DNS(ネームサーバー)を切り替え

ロリポップからエックスサーバーへのサーバーお引っ越し

今回はドメインはムームードメインのままなので、ムームードメインの管理画面から変更します。
コントロールパネルの『ネームサーバ設定変更』で『paperboy&co.以外のネームサーバを使用する』を選択。エックスサーバーでの情報に変更します。

ネームサーバの変更には1〜2日かかるそうです

今回複数のサイトを変更しましたが、一晩で切り替わっていたサイトや2日弱かかったサイトもありました(^^ゞ
ロリポップ側のフッターのコピーライトの文字サイズを変更するとか 小文字を大文字にしておく とかの細工をしておくと、切り替わった時に確認がしやすいですね!(・∀・)

⑫本契約!!終了!!

まだエックスサーバーの本契約を済ませていなければ、サイトから支払いの手続きをして本契約をすればOK♪メールアカウントは使用期間中は設定できないので、メールもさっさと変更したい場合はすぐに本契約をしたほうが良さそうです(^^ゞ

おつかれさまでした!!!!引っ越し完了です!!!!

はい、これでネームサーバーの変更も終わったら無事にサーバーのお引っ越しの完了です!!後はロリポップを解約すればOKですね♪

先述のようないろんな方のブログ記事をたくさん読ませていただいてから作業を始めたのですが。やはり環境などによっていろいろ違うんだな〜というのが感想です(-_-;)
今回複数サイトを作業してみて、それぞれで違う症状が出たり 同じ条件下でも片方だけエラーが出ずにするっと終わってしまったりと・・・・。

この記事はあくまでもわたしが作業した方法の忘備録、ということで保証はできませんので参考までに読んでいただけると助かります(^^ゞいろんな方の記事でそれぞれちょっとづつ違うやり方が出ていたりするので、いろんなパターン(?)を参考にしてみるといいかもしれませんね(´∀`)

表示速度はやっぱりちょっと上がりました!

ロリポップとエックスサーバーの表示速度の変化

ロリポップの時と全く同じ状態で、サーバーの設定のみの変化でこんなかんじでした♪

引っ越ししてこそ変化がわかりやすいですね。

今までもエックスサーバーは、お仕事で使用していたんですが。自分のサイトをロリポップからお引っ越しをして、実際に複数のサイトを自分で比較をした事で お値段のわりに使いやすくて安心やな〜と思いました(・∀・)コスパが高い!ロリポップもお手軽で便利ではあるのですけどね(^^ゞ

件の攻撃事件から、セキュリティの大事さを痛感したことも有りようやくですがお引っ越しが完了して一安心です(-_-;) 

ほぼ自分のための忘備録的なものですが、この記事が少しでも誰かのお役にたてれば嬉しいですね〜♪

ではでは、ここまでお付き合いありがとうございました!(≧∇≦)

blog comments powered by Disqus
ホームページ制作・ネットショップ制作・ブログカスタマイズなどのお見積りはお気軽にどうぞ!|女性デザイナーによる女性・子供向けかわいいホームページ制作(神戸・明石)Sourire web studio. お問い合わせはこちら

PAGE TOP